現在表示しているページ
ホーム> 新着情報・お知らせ> なりわいの匠の技「わらぐつ作り」を学んでいただきました!

新着情報・お知らせ

魚沼
2018/8/15

なりわいの匠の技「わらぐつ作り」を学んでいただきました!

写真1 写真2

夏休み、南魚沼市の「なりわいの匠」で「わら細工」の第一人者である青木喜義さんを訪ねて大阪からお二人の小学校の先生が「わらぐつ」の作り方を習いに来てくださいました。

きっかけは、先生からのグリーン・ツーリズムセンターへの1本の電話でした。
「わらぐつを作りたいのだけど、どこを探してもない」と。そういうことならお任せ!早速、六日町観光協会の桑原さんにお願いして青木さんを紹介していただきました。
先生たちは、「小学校5年生の国語の教材に「わら靴の中の神様」という教材があるのですが、「わらぐつ」そのものがわからない。見たことも触ったこともないのに深く教えられない。わらぐつを作ってみたいと・・・」
お若いのになんて素敵な先生たち!!センター感動。。。早速、取材に伺いました。

大阪からの旅の疲れもなんのその。先生たちは、やる気満々!!先ずは「なりわいの匠」の青木喜義さんにお話を。青木さんもわらぐつ作りを始めたきっかけは、「小さい頃は、仕事で忙しいご両親にわらぐつを作って欲しいとなかなか言えず、それならば自分で作ろうと思ったから」で、その時は見よう見まねだったそうですが、戦後、師匠となる方から本格的に学ばれたそうです。

「じゃあ、見ていて」と青木さんがわらぐつ作りを始めると、みんな目をパチクリ。
あっという間に最初の形が出来てしまいます。最初のところが難しく、お二人、四苦八苦!!
堺市立白鷺小学校の尹英燦先生は、堺市の研究会で「わらぐつの中の神様」の授業をする予定だそうで、物語の登場人物の気持ちを理解すべく、わらぐつ作りも真剣そのもの・・・
それでも格闘するうちに底の部分が出来上がってきました。
一番難しいところは足の甲の部分と聞き、「これよりまだ難しい部分があるのかと」暗澹としてらっしゃいましたが、出来上がりをご覧ください!心配もなんのその。生徒さんたちが、優しい匠の指導と先生の熱意で完成した可愛いわらぐつを目にした時の興奮が想像できます。夏休み明けが楽しみですね!!

お問い合わせ

おすすめ旅情報

ただいま募集中!ツアープラン

  • おすすめモデルプラン
  • なりわいの匠

地域からのメッセージ

地域のイチオシ旬の便り

  • グリーン・ツーリズムおすすめブログ集グリサポブログ
  • くいしんぼうなび
  • 新潟県ふるさと民宿
  • グリーン・ツーリズム モバイルサイト

ページトップへ